ホワイトニングとは?

簡単に言うと、歯を白くすることです。歯のエナメル質に付いた有機物の着色を漂白することにより白くします。

歯科医院でできるホワイトニングの種類

歯科医院で提供するものは、漂白力が強い高濃度の薬剤を使用しています。したがって歯科医のいないホワイトニングサロン等では、歯のステインを落とすだけのホワイトニングになります。

1. オフィスホワイトニング

歯科医院で施行してもらう高濃度の薬剤を使ったホワイトニングのことです。また、漂白反応を高めるため強いライトで照射することができます。

特徴

・早く白さを実感できる
・虫歯やクリーニングをした後にできる
・高濃度でも衛生士が施行するので安心してできる(ムラが少ない)
・手間がかからない
・高濃度のため、一時的に痛みが出ることがある
・1回のみだと比較的後戻りしやすい

2. ホームホワイトニング

歯科医院で提供する低濃度の薬剤を使い自宅でできるホワイトニングのことです。歯科医院で歯の型を取り、ホワイトニング専用のマウスピースを作成します。これにジェルを入れて毎日数時間装着していただきます。

特徴

・薬剤が弱いため痛みが少ない
・後戻りしにくい
・白さを実感するのに約2~4週間と時間がかかる
・手間がかかる(毎日2時間以上)
・ムラが出来ることがある。

3. デュアルホワイトニング(ダブルホワイトニング)

オフィスとホームを併用したホワイトニングのことです。オフィスホワイトニング施行後、2回目までの間にホームホワイトニングを施行する。

特徴

・早く効果が実感できて後戻りが少ない
・費用がかかる
・痛みが出るときがある

ホワイトニングが行えない方

・薬剤アレルギーの方
・紫外線・光線過敏症の方
・知覚過敏の方
・重度の歯周病の方
・妊婦・授乳中の方
・無カタラーゼ症の方(過酸化物を分解するものが体内にないため)
・18歳未満で歯の成長が終わっていない方

行えないわけではないが訳アリの方

・虫歯がある方
・修復物がある方(かぶせ物、詰め物)
※修復物はホワイトニングに効果がありません。このため、ホワイトニングをすると修復物のところだけ色が留まります。対処法としてホワイトニングを施行した後に修復物を取り換える、または詰め治します。

最後に大事なこと!!

ホワイトニングには種類がありそれぞれ特徴があります。手間をかけたくない人や医院に行くのが面倒な人など、それぞれに合ったホワイトニングが提供できます。しかし、ホワイトニングを施行するにあたり一番重要なのが歯のクリーニングです。歯にプラーク(歯垢)や歯石がついているとその部分だけムラが出来てしまい良い結果が出せないのです。
『ホワイトニングがしたい!』と受診されても、先ずはお掃除からです。
最初は時間がかかりますがご理解のほどお願いします。素敵な笑顔のために一緒に頑張りましょう!