オールセラミックとは?

e.maxと言われているものが主流で、様々な色調のものがあり高い強度と審美性を兼ね備えたニケイ酸リチウムを主成分とするガラスセラミックス素材です。

オールセラミックの特徴

特徴は高い強度ではありますが、天然歯に近い硬度であることから対合する歯を傷めることが少ないため安全に長く使用できます。さらに、透明感や白さがあり、削った歯はもちろんですが隣在歯にも違和感なく治した場所がわからないほど馴染みます。また、オールセラミックスのため、金属アレルギーを起こしたりセラミックによって歯ぐきの黒ずみが出ることがありません。歯科のかぶせ物に対応しているものは、インレー、アンレー、クラウン、ラミネートべニアなどに使用できます。クラウン(すべてが被る差し歯)として使用するときは裏打ちの部分が無い(メタルボンド⦅裏打ちが金属⦆やジルコニアボンド⦅裏打ちがジルコニア⦆)全てe.maxで製造したオールセラミッククラウンになります。

図1 前歯は裏から見ると金属が見えます。これは金属の土台に表面にセラミックを焼き付けています。土台の強度は高いのですが、焼き付けられたセラミック部分の強度は違うため、e.maxのみで作製した物の方が強度で勝ります。

図2 左側の写真は保険の治療で奥歯全部にインレーとクラウンが入っています。これをe.maxで治療すると右側の写真になります。少し綺麗すぎて天然の歯に見えないかもしれませんが。。。

全てのセラミックの中でもトップクラスの白さ・透明感の審美性を持っています。

オールセラミックのデメリット

デメリットは衝撃に弱いところです。また高強度と言ってもブリッジなど単体ではない3歯以上の連結等にはあまりお勧めが出来ません。(対応している箇所もあります)

どれくらいもつか(耐用年数)という質問がよくあるのですが、お答えするのがかなり難しいです。これは、修復物の形や大きさ、どこの歯に使用するのかによって違うからです。更に、歯ぎしりや食いしばりなどの習慣により異なりますので、治療を行う前にご相談していただきどの修復物にするのかなど説明させて頂ければと思います。そして一番大事なのが治療を終えた後です。年に3回程度の定期的なメンテナンスをすることにより長期に使用することができます。上記にあるすべて良い条件が揃っていれば15年以上もつ方もいますので大事に扱っていただければと思います。

セラミック治療で悩んでいる方、先ずはご相談ください!

スタッフ一同お待ちしています。