ラミネートべニアって何?

ラミネートべニアとは、歯の表面部分をほんのわずかだけ削り、歯の形や色をした板上のものを張り付けして形態や色を修正する方法です。ひと昔前は、歯をぐるりと一周削って全部にかぶせ物をしていました。それを行うには良い部分を含め、たくさん削らなくてはなりません。時には神経を取ったりしてからかぶせなくてはならないため、その分だけ余計に時間もかかります。それがラミネートべニアだと歯の表面をわずか0.3~0.5mmだけ削れば良いため、神経を取る必要もなく時間もかかりません。それでも歯を削ることになりますので、自分自身がどのようになりたいのか、それに対してラミネートべニアが有効なのかなどを事前にしっかりとカウンセリングをすることが大切です。

適応

変色している歯
ホワイトニングだけで白くならなかった歯
歯と歯の隙間が少し開いている歯
少しだけ前歯が欠けている歯
少しだけ前歯がねじれている歯
以前に治療していて張りぼてのようにでこぼこしていたり、ざらつきがある歯
透明感のない歯

メリット

軽度の歯列不正を治療できる
歯を白くできる
金属を使用していないため金属アレルギーを起こさないこと

デメリット

保険適応でないこと
健全歯の場合は健康な歯を削らないといけない
元の歯よりわずかに厚みが増すため違和感が出る可能性がある
貼り付けるセラミックが薄いため、強度が弱く欠けることがある
 ※基本は上顎の前歯のみで、歯ぎしりや食いしばりが強い方におすすめできません。

では実際どのように施行するのか図で示します。
図1

これは前歯を横から見た図で向かって左側が表面(唇側)で右が(舌側)です。
このようにエナメル質の一部だけ0.3~0.5mmほど削り接着剤で貼り付けます。

図2
治療前

治療後

これは前歯4本にラミネートべニアを施行したものです。それぞれの隙間と向かって2番目の歯の出っ張りが改善されています。また、周囲の歯と同じ色で作製されているため、見た目もよく自然に治療しています。

図3
治療前

治療後

これは正面から見た写真ですが、図1で示したとおり表面だけの治療ですので内側はそのままご自身の歯です。このように見た目は白くなり 下の歯は隙間がなくなっていて審美的に回復しているのがわかります。

ラミネートべニアは汚れが付きにくいセラミックチップでできているため、1~2年は綺麗に保つができます。保険内治療のプラスチックとは違うため、色素が中に入り込んでしまうこともありませんが、タバコやコーヒー、カレーなど色素の強い食べ物や飲み物を好んで多く食べられると徐々に色素がつきます。そのため定期的なクリーニングが必要ですので注意して使用することが大事です。

マニーデンタルクリニックでは相談に応じて様々な治療を提供しています。先ずは相談してください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。