ジルコニアって何?

簡単に言うと硬くて頑丈な白いセラミックスです。そのため、スペースシャトルの断熱材に使用されています。人工ダイヤモンドとしてジュエリーや包丁などに使用されていますが、医療では人工関節やインプラント体として使用されています。生体親和性がよく、金属を使用しないためアレルギーの心配もなく、また重さも金属の1/3程度なので身体に優しい素材なのです。

ジルコニアのメリット

  • 金属より硬くて軽い
  • 光の透過性が高く、透明感がある
  • 金属を使わなくてよいため、自然な白い歯に見える
  • 着色しないため、歯ぐきの変色もしない
  • 強度が高いため、破損しにくく広範囲の治療に使用できる
  • 金属アレルギーにならない
  • 耐久性、耐熱性に優れている

ジルコニアのデメリット

  • 割れたり、破損することがある
  • 歯を削る量が少し多い
  • 自費診療のためお金がかかる

以前からセラミックは生体親和性があり、白くて綺麗な歯の審美材料として使用されてきました。またセラミックは高度が低く柔軟性に欠けているため、破折したり欠けたりしてしまうことがありました。一方、ジルコニアは破壊靭性(破壊に対する抵抗力、粘り強さ)など機械的強度に優れており、また耐摩耗性にも優れています。従来のセラミックではブリッジにすると強度が足りないため内側に金属を使用し(メタルボンド)強度をあげていました。しかし金属を使用すると透明感が無くなり審美的にはいまいち綺麗ではありませんでした。さらに金属を長期にわたり使用していると、金属から溶出した金属イオンが人体の持つタンパク質と結合してアレルギーを引き起こしてしまう可能性があるのです。ジルコニアは金属を使用しなくても十分な強度を持っているため、今までセラミック単体では出来なかったブリッジなどにも応用でき、透明感のある審美的に綺麗な美しい歯を作成することが可能なのです。

ジルコニアはこの強度・耐久性・耐摩耗性・金属を使用していないことからインプラントにも応用されています。

 

このように100%ジルコニアでできていて金属を全く使用していないのでインプラントを含め完全にメタルフリーの治療が可能になりました。これなら金属アレルギーを心配してインプラントが出来なかった方にも安心して使用できます。

マニーデンタルクリニックでは相談に応じて様々な治療を提供しています。先ずは相談してください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。