セラミック治療

『セラミックで歯を綺麗にする方法』 セラミック治療って何⁉️ セラミック治療ってどう⁉️ セラミック治療って高い⁉️ 歯並びが気になる❗ 歯に段差があり磨きづらい❗ 出っ歯がコンプレックス❗ 八重歯があって幼く見える❗ ガミーフェイスが気になる❗ 前に治療したところの境目の色が違う❗ 左右の歯の長さや形が違う❗ 芸能人みたいな歯になりたい❗ 気になる、なりたいのになぜ行動しないのですか? 行動しなければ何も変わりません。 白くするセラミックの種類 (セラミックって何⁉️) ジルコニアは人工ダイヤとして使われており、白く強度と耐久性に優れ、金属もないので体に優しい素材。ポーセレン(いわゆるセラミック)に比べて色調の再現性、透明感はやや劣化するので審美的には奥歯に向いていま す。 ポーセレン(セラミック)は色の再現性、透明感が高くアレルギーの心配がない素材。 強い衝撃に弱いので、噛む力や習慣、場所に寄っては適さない場合があります。 ジルコニアに焼き付けることで美しさと強さ、体に優しいを兼ね備えた審美性の高い被せ物として使われています。 ハイブリッドは樹脂とセラミックを混ぜた素材。ジルコニア、セラミックに比べ安価だが色が付き易く、変色もし易く強度も劣ります。 保険治療と自費治療(セラミック)の考え方 (セラミック治療ってどう⁉️) 自費治療(セラミック)は保険治療よりは高額になりますが、笑ったときに見える範囲の歯には、審美治療(セラミック)を行った方が良いと思います。日本には保険診療があるため銀歯で治しがちですが、知人と会う時や結婚式、職場等で口元が気になり、楽しく会話が出来なかったり、仕事の成績が上がらなかったりと結局セラミック治療にやり直す方がほとんどです。 今の話を聞くと誤解されがちですが、審美治療(セラミック)のメリットは、虫歯になりにくいことです。見た目はおまけ程度のものです。 それってなぜ⁉️ 保険治療の場合は国が7割負担しているため、保険治療で使う材料を安く済むように指定していいます。銀歯はおおよそ隙間のない物であり、咬んでいると経年劣化し、歪みが出て目に見えな小さな隙間ができ、そこから虫歯菌が入り、再び虫歯になってしまうのです。 もちろん、保険治療にもメリットがあります。それは銀歯は硬くて割れないことと治療費が安いことです。また、白色のプラスチック複合の詰め物もありますが、すぐに着色してしまい、柔らかいため変形しやすく、すり減りってしまい割れたりすることがあり、結局はまた虫歯になり、数ヵ月から数年で再治療する必要があることがデメリットです。 一方、マニーデンタルクリニックでおすすめするセラミックは保険治療とは違い、高精度でありピッタリとした詰め物やかぶせ物が作れるからです。しかも、金属のように歪みが出ず、ほぼすり減らないため、天然歯と近い状態なので、虫歯菌が入り込む隙間がない歯にすることができます。 セラミック治療って高い⁉️ セラミックを使った治療は高いと思われがちですが、実は虫歯になりにくいため、10年の治療期間を考えると保険治療とほとんど変わらないのです。 保険治療は虫歯を繰り返しやすくセラミックは虫歯になりにくい。どういうことかと言うと、保険治療の場合は同じ歯を2年に1回治療するとして10年間で5回の治療が必要になります。初診料やクリーニング、治療、これらを含めるとセラミックの治療費と1、2万円程度しか変わらないのです。また何度も繰り返し治療をしていると歯がどんどん無くなって(虫歯を削るため)、やがて神経を取り、大きい被せ物になり、歯自体をもたせることが難しくなり、最終的には見た目も悪くなるばかりかインプラントなどもっともっと高額な治療になっていくのです。 一方で、セラミックを使った治療の場合は、治療は1回きりで終わり繰り返し虫歯になることなく、キレイな見た目も手に入れられます。つまり治療費も保険治療とほぼ変わらず、再び虫歯になりくい治療ができることが最大のメリットです。そこにプラスして歯を白くする事ができるのです。 最後まで読んで頂きましてありがとうございます。 マニーデンタルクリニックで治療の希望がありましたら先ずはご連絡ください。 当院は千駄ヶ谷にありますが最寄り駅は代々木です。お間違えないようお願いします。